障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

コロナ感染でも労災認定される

2021年8月6日 

業務中にケガをしたり病気になった場合、労災を申請することができ、治療費を受けられたり仕事を休まなければならない場合所得補償等がありますが、新型コロナウィルスの場合も同様の扱いを受けることができます。

 

 

現在業務中に新型コロナウィルスに感染した場合でも労災認定が認められるようになっていますが、治療費が必要な場合は労災保険から支給されます。

また所得補償として休職を余儀なくされた場合は原則として賃金の8割が補償されます。

 

業務外の感染で、労災と認められない場合でも健康保険の傷病手当の対象となることもあります。

 

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

▼関連記事▼

業務災害とは(労災①)

通勤災害とは(労災②)

療養補償給付とは(労災③)

休業補償給付とは(労災④)

傷病補償年金とは(労災⑤)

障害補償給付とは(労災⑥)

身体障害が2つ以上ある場合(労災⑦)

障害(補償)年金、前払いしてもらえる?(労災⑧)

 

 

 

 

 

シェアお願いしますShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

無料メール相談はこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る