障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

認定日請求の事例

2016年12月2日 

みなさん、こんにちは。

 

 

今日は認定日請求の事例についてお話しします。頚椎症性脊髄症(50代・男性)のケースです。

 

イメージ画像

 

この男性が発病したのは4年前です。自宅にて重い物を持ち上げた際、両手にしびれを感じたのがきっかけでした。右手に違和感があり、肩より上に上がらなくなったのです。

しばらく様子を見ていましたが、徐々に下肢にもしびれが出現し始めました。不安に思った男性は病院を受診。MRI検査を行ったところ、医師より頚椎症性脊髄症を指摘されました。

その後手術が行われましたが、再び悪化し、新たな頚椎症性脊髄症が見つかります。

 

男性は障害者手帳を取得する際、医師より障害年金を勧められ、自ら請求を行いました。

この男性の初診日は平成24年5月1日です。つまり、障害認定日は平成25年11月1日になります。認定日請求を行った結果、認定日当時は3級、そして現症の等級も3級というものでした。

男性は現在の症状だけを見れば認定日当時よりも軽快していますが、認定日当時は今より症状は重く、同じ等級というのは明らかに不自然でした。認定日当時の等級が2級と3級では、平成25年11月(認定日)から現在までさかのぼって受給できる金額が大きく異なります

 

男性は当事務所に相談に来られ、審査請求を行うことにしました。この男性の場合、障害認定日から1年以上経過していたため、前回のブログの中でお話ししたように2枚の診断書が必要です。それぞれの診断書を比較すると、認定日当時と現在の障害状態の違いは明らかでした。

審査請求の結果、認定日当時は2級であることが認められました。このように認定日請求をする場合、認定日当時の等級が適切であるかどうか、現在の診断書との比較はどうかといった確認を行うことも大切です。

 

 

それでは今日はこの辺で。

※個人情報のため初診日等は実際の日付と異なります。

 

 

 

▼関連記事はこちら▼

障害年金請求の流れ①(初診日の確定)

障害認定日とは

障害年金に必要な診断書

初診証明は先に取っておく?

認定日請求とは

審査請求事例

事後重症請求とは

精神障害による事後重症請求事例

どちらが初診日?

 

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る