障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

通勤災害とは(労災②)

2020年2月20日 

みなさん、こんにちは。

 

1月31日の記事で業務災害についてお話ししましたが、今日は通勤災害についてお話したいと思います。

 

イメージ画像

 

労災には主に「業務災害」と「通勤災害」の2つの保険事故があります。

以前どのような事故が業務災害になるのかについて触れましたが、通勤災害はどのようなケースで認められるのでしょうか。

 

 

「通勤災害」とは、通勤によるケガ、障害、死亡等のことを言います。

 

通勤災害と認められるには、住居から就業場所まで合理的な経路や方法であったかということが必要となります。

 

例えば、仕事帰りに駅の階段から転落したような場合や、自転車と接触し負傷したような場合は当然通勤災害になりますが、仕事帰りに映画館に立ち寄り2時間程映画鑑賞をし、帰宅する場合は映画鑑賞の間とその後の帰宅までの経路で起きた事故については通勤災害とはなりません。

 

 

しかし、日常生活上どうしても必要な行為であり、最小限度のものであれば通勤災害と認められます。

例えば、スーパーで買い物をする、公衆便所に立ち寄る、美容院に立ち寄る、病院で治療を受ける等のような日常生活において必要な行為についてはその行為を行っている間を除き、その行為後の帰宅までの経路で起きた事故は通勤災害となります。

 

また通勤途中で自殺した場合や自ら他人にけんかを仕掛け負傷したような場合は通勤災害とは認められません。

 

 

通勤途中に起きた全ての事故が保険事故になるわけではなく、「合理的な経路であったか」「合理的な方法であったか」が認定の基準となります。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

▼関連記事▼

業務災害とは

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る