障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

障害年金申請、初診日から1年半待たなくていい場合もある

2021年5月14日 

みなさん、こんにちは。

 

 

以前、認定日請求についてお話しましたね。

 

障害年金は原則、初診日から1年半経過しないと請求することができません。

しかし、初診日から1年半待たずに請求できる場合もあります。

 

イメージ画像

 

初診日から1年半待たずに請求できるのは主に以下のようなケースです。

 

 

 

・手足等を切断した場合

・人工骨頭や人工関節を挿入置換した場合

・ペースメーカーやCRTDを装着した場合

・人工透析を開始した場合

・ストーマ(人工肛門)を造設した場合

・脳血管障害により症状固定と判断された場合

etc…

 

 

 

 

上記の場合、手足を切断した日や人工骨頭・人工関節を挿入置換した日、またペースメーカーやCRTDを装着した日が障害認定日となるため、たとえ初診日から1年半経過していなくてもその日以降、請求が可能です。

 

 

しかし例外的に、人工透析を開始した場合については透析開始日より3ヶ月の待期期間があります(初診日より1年半経過している場合を除く)。

 

また、ストーマ(人工肛門)を造設した場合についても造設日より6ヶ月を経過している必要があります(初診日より1年半経過している場合を除く)。

 

 

脳血管障害については、初診日より6ヶ月経過した日以降に症状固定(治療を施してもこれ以上の回復が見込めない)と判断された場合は請求が可能です。

ただ、この脳血管障害による症状固定については機構の認定医と意見が分かれるケースもあり、請求しても必ずしも受給できるわけではありません。

 

 

 

また、もし仮に同一傷病で傷病手当金を受給している場合は障害年金との併給調整が入るため(両方満額は支給されない)、苦労して症状固定案件として請求しても、結局はほとんどメリットを得られない場合もあります。

 

したがって、初診日から1年半以内に症状固定として例外請求する場合は、傷病手当金の有無を確認し、リスクとメリットをしっかり検討するようにしましょう。

 

 

それでは今日はこの辺で。

▼関連記事▼

障害年金がもらえるのは提出月の翌月から(事後重症請求)

障害年金申請は初診日から1年半待たないといけない?(認定日請求)

障害年金は過去に受け取っていなかった分も請求できる?

 

 

 

 

シェアお願いしますShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

無料メール相談はこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る