障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

障害手当金相当でも3級?

2016年9月30日 

みなさん、こんにちは。

 

9月に入りようやく真夏の暑さから解放されたと思いきや、また30度近い日々がやってきました。クローゼットから厚手の掛け布団を出したばかりなのにまたクーラーに逆戻り、タンスから半袖を引っ張り出したりと季節をまたぐこの曖昧な時期に振り回され大忙しの毎日です。

 

 

さて、今日は障害年金請求の3級事例についてお話しします。

 

イメージ画像

 

障害年金は障害基礎年金が1級と2級、障害厚生年金は1級から3級まで、そして3級の下に障害手当金というものが存在します。

障害手当金は定期的に支給される年金とは違い一時金として支給されるもの、いわばお見舞金のようなものです。症状の程度がこの障害手当金に該当する方は「傷病が治らない」障害の場合、3級に該当することがあるため注意が必要です

 

 

以前網膜色素変性症といった眼の障害で請求した事例がありました。その方の障害状態は障害手当金に相当する程度でしたが、網膜色素変性症は進行性の病気で「傷病が治らないもの」に当てはまります。実は障害年金の認定基準の中に「傷病が治らないものについては障害手当金に該当する程度の障害がある場合であっても3級に該当する」といった規定があります

この規定はあまり知られておらず、この方も一度不支給決定となりましたが審査請求によりすぐに3級決定となりました。(網膜色素変性症・3級事例

 

 

このように一見軽い障害に見える場合であっても、傷病の種類や障害の特性によっては障害厚生年金3級に該当することがあります。現にこの方の障害者手帳の等級は5級です。

したがって、障害者手帳の等級が低いからといって自身の判断で年金請求をあきらめてはいけません

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

▼関連記事はこちら▼

障害年金における保険料納付要件

20歳前障害の第三者証明(実例)

障害年金と傷病手当金は両方もらえる?

認定基準の落とし穴~眼瞼けいれん~

視野障害には3級がない?

視野が1/2の欠損は手帳が5級、障害年金は3級?

 

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る