障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

障害認定日はいつ?

2019年2月8日 

障害年金は病気やけがで身体に障害を負った場合に受給できるものですが、どんな人にもどんな障害においても「障害認定日」というものがあり、その日を迎えるまで請求することはできません。

 

原則として初診日より1年半経過した日が障害認定日となります。

 

例えば平成29年8月8日が初診日の人は平成31年2月8日が障害認定日となります。また、知的障害等20歳前からすでに障害の状態にある方については20歳を迎えた日が障害認定日となります。

 

障害認定日を迎えた日にまだ障害等級に該当しない方はその後65歳までに症状が悪化すれば待期することなくいつでも請求することが可能です。

 

また、特例として1年半を待たずして請求することができる障害があります。主に人工透析やペースメーカー、手足の切断などです。

人工透析は透析を開始してから3ヶ月を経過(初診日から1年半経過未満の場合)した時点で2級該当、ペースメーカーは装着した時点で3級該当、肢体障害で手足の切断に至った場合はその時点で1級もしくは2級になります。

また、脳梗塞等の脳血管障害の場合は、初診日から半年経過したのちに症状が固定(機能回復を目的としたリハビリ等が終了してこれ以上改善の見込みがない)した場合は初診日から1年半未満でも請求することが可能です

 

自身がどのような障害に該当し、障害認定日の到来はいつなのか、すなわち初診日はいつなのかをしっかりと把握しておく必要があります

▼関連記事▼

障害認定日とは

障害年金。申請の方法は一つじゃない

障害年金はさかのぼって受給できる①

 

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る