障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

若年性認知症、初診日で障害年金受給額に大きな差

2018年7月31日 

若年性認知症患者を抱える家族から初診日により障害年金受給額に大きな差があることへの疑問の声があがっています。

 

障害年金は初診日にどの保険制度に加入していたかによって請求先が異なります。初診日に国民年金に加入していた人は障害基礎年金になり、サラリーマンなど厚生年金に加入していた人は障害厚生年金になります。

障害厚生年金は国民年金部分も上乗せされるため障害基礎年金より受給額が高くなります。

若年性認知症は病気の特性上、特に男性は在職中に病院を受診するケースが少なく、退職後に異変に気付き受診することが多いことから長年厚生年金に加入していたにもかかわらず障害基礎年金で請求せざるを得ないケースが多いようです。

福岡市に住む若年性認知症の夫を抱える越智須美子さんは5年前より在職中の初診でなくても障害厚生年金の受給資格を認める請願の署名活動をしており、現在全国で8万人の署名が集まっています。

 

 

引用元:福井新聞

 

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る