障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

障害年金、突然の打ち切り

2018年3月28日 

一昨年、大阪市に住む1型糖尿病の女性(35歳)の障害基礎年金が突然打ち切られました。この女性は5歳で1型糖尿病を発症。その後インスリン注射を打ち続けなければならず長期にわたり障害基礎年金(2級)を受給してこられました。

当然病状が軽快することはありませんでしたが、日本年金機構より突然「障害の程度が3級該当になったため」といった通知が届き障害年金の支給が停止されました。

実は同時期に同じ1型糖尿病で障害年金を打ち切られた患者が全国で34人いたことが分かっています。また昨年同様に障害年金を打ち切られた同傷病の患者9人が国を相手取り障害基礎年金停止の取り消しを求める訴訟を起こしました。

 

糖尿病における障害年金の打ち切りが相次いでいる背景には平成28年6月1日に行われた障害認定基準の改正があると考えられます

国はこの訴訟に対して争う姿勢を見せています。

 

 

引用元:毎日新聞(3月14日) 毎日新聞(3月20日)

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る