障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

News バックナンバーNews Backnumber

2014年9月23日

辰巳と高橋政代先生講演前写真9月21日、神戸ポートピアホテルにて「世界網膜の日 in 兵庫」が開催され、理化学研究所・網膜再生医療研究開発プロジェクトリーダー・高橋政代先生の講演がありました。講演の前にお話しできる時間を作って頂 き、2016年度の完成を目指して作られる網膜の再生医療の新拠点「神戸アイセンター」において、障害年金を含めた福祉的なアプローチを全て医療機関内で 相談できるようにしてほしいと要望してきました。

続きを見る>>

障害者手帳の取得を勧めてくださる医師は数多くいますが、その先の障害年金へのアプローチまで実施している医療機関は非常に少ないのが現状です。視覚障害を抱えた患者にとって、その後の所得保障としての障害年金は今後の生活設計を考えるうえでなくてはならないものです。
その説明を診察に受けに来た病院内で聞けるというのはこれ以上ないサービスだと思います。社労士の年金知識をこういった場でより多く活用しない手はありません。
患者にとってより良い「総合医療」が一つの施設で受けられるよう、新施設の完成が待たれます。

2014年6月28日

神戸アイライト協会にて「平成26年4月、年金はこんなことが変わりました」といった内容でミニ講座を開催しました。神戸アイライト協会にて「平成26年4月、年金はこんなことが変わりました」といった内容でミニ講座を開催しました。
質疑応答の時間では聴講者の方から障害年金に関する質問が数多く寄せられ、それについてお答えしました。

2014年6月1日

肝疾患による障害の認定基準が一部改正されました。(厚生労働省)
それに伴い、診断書様式が変更になりました。(診断書)

2014年6月1日

心疾患による障害の診断書様式が変更になりました。(日本循環器学会)

2014年5月1日

国民年金と厚生年金の病歴状況等申立書が統一されました。(病歴状況等申立書)(病歴状況等申立書・続紙)

2014年4月1日

26年4月より年金額が0.7%減額になりました。

2014年4月1日

26年4月より障害年金の額改定請求が1年を待たずにできるようになりました。

2013年6月1日

眼の障害認定要領が改正・診断書の様式が変更になりました。(診断書)(日本眼科学会)
視野障害やまぶたの痙攣、複視やまぶしさといった障害を認定する基準がより明確になり、それに伴い診断書の様式が変更されています。

2013年6月1日

精神の診断書の様式が変更されました。(診断書)
高次脳機能障害の項目が追加され、高次脳機能障害特有の失行、失認、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害の有無を記載する欄が追加されました。

2013年6月1日

年金額がまた減額に
平成25年10月分より1%、平成26年1%、平成27年に0.5%の減額が予定されています。

1 11 12 13 14 15 16

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る