障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

(60代・男性)

2016年12月16日 

 Sさんは仕事中に階段から転落し、地面に全身を強く打ち付け深刻な状態のまま病院へと救急搬送されました。すぐに緊急開頭手術が行われ、なんとか一命を取り留めることができました。術後は自ら食事を取ることができるようになりましたが、後遺症として失語症と下肢の運動麻痺が残ったのです。

 Sさんはリハビリのため転院。当初歩行は困難で平行棒などの補助具なしで歩くことはできませんでしたが、2ヶ月に渡りリハビリを行ったところ、伝い歩きにまで回復することができました。しかし依然として言語障害は強く残存する状態となりました。

 その後自宅療養開始。Sさんは言語野がひどく損傷しているため、単語や文章を理解することができず、発語もほぼ不可能な状態です。そのため、自分の妻や子どもであることは認識できても名前が出てきません。家族と会話をする際はボディランゲージとわずかな単語でお互いに意味を推察しながら意思の疎通を図ります。

 また、数字を認識することができないため、簡単な計算やお金の数え方が分からず自分一人で買い物することもできません。以前までできていた車の運転操作や趣味で行っていた日用大工なども全て失念しています。

 Sさんは現在も自宅で療養中ですが、医師からはこれ以上回復する見込みはないと言われています。

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る