障害年金専門窓口辰巳社会保険
労務士事務所
TEL:078-935-4765
障害年金専門窓口 辰巳社会保険労務士事務所

兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
メールはこちら    アクセスはこちら

脳脊髄液減少症の少年、夢は「医者になる」

2018年5月11日 

京都府長岡京市に住む18才の藤田春満さんは小学生の頃から吐き気や腹痛に悩まされていました。

何年にもわたりドクターショッピングをするも原因は分からず、脳脊髄液減少症の専門外来がある明舞中央病院(明石市)で検査したところ病名が確定しました。

脳脊髄液減少症は主に交通事故など外部からの強い衝撃が加わることにより発症するケースが多いのですが、藤田さんの場合そういったきっかけがなく、またこの病気の主症状である頭痛やめまいがないことからなかなか病名を突き止めることができませんでした。

藤田さんは病名が分かったあと、すぐにブラッドパッチを行い徐々に症状は回復しています。

 

この脳脊髄液減少症は障害年金の対象疾病ですが、認定困難事例として取り扱われています。

また脳脊髄液減少症はこれまで「肢体」の診断書を使用していましたが、障害状態をより適切に反映させるため今年から「その他」の診断書に変更となっています

 

 

引用元:神戸新聞NEXT

 

 

 

 

・記事の共有ありがとうございます!Share on FacebookTweet about this on Twitter

 障害年金に関することなら、お気軽にご相談下さい。

辰巳社会保険労務士事務所
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前2-2-5-11F
 TEL 078-935-4765 / FAX 078-935-4196

お問い合わせはこちら

前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る